お正月を一人で迎えた話

学生時代の話です。

実家から離れて一人暮らしをしていたので生活費を稼ぐためにアルバイトをしてました。

飲食店のアルバイト(居酒屋)だったのでお正月は稼ぎ時です。

シフト制だったので休み希望を出せばお正月も休みにはできたのですがみんな考えていることは同じで、お正月の休み希望は私が記入する頃には全て埋まってました。

変わってほしいと言える程仲の良い人もおらず、仕方なくお正月も勤務しました。

お店が終わるのが深夜11:30だったので全てのかたずけが終わったころには年が明けてました。

年が明けたことも知らなまま働いていたとこにちょっぴり悲しくなりました。

帰りの道では同窓会だったのか久しぶりに顔を合わせたと思われる集団が仲良さそうにほろ酔いで

歩いており、ふと、地元からお正月に同窓会の誘いがあったことを思い出し、今頃みんなもこんなふうに楽しく思い出話をしているのか・・。と思いセンチメンタルになった記憶があります。

いたたまれず帰り道のコンビニでワインを買って、明け方に一人、寝酒をしました。

私が遅く起きた朝に年賀状がポストに入っていて地元の友達から会えるの楽しみにしているとコメントがあった時、来年こそは絶対に地元に帰ろうと心に決めたことを覚えています。

でももしその頃に、今のような小人数分で注文できる宅配おせちがあったら、ささやかなお正月気分を味わえたのかもしれません。

今は一人前からおせちが注文できるんですね。

脇のムダ毛が原因でとても悩まされました

皆さんは普段、脇の下のムダ毛をどの様に対処しているでしょうか?

脇の毛って位置的に処理がしづらい部分ですし、いざ処理しようとしても中々綺麗に処理出来ないんですよね。

私も脇の毛にはとても悩まされていて、今までも何度か恥ずかしい経験をしてしまった事があります。

脇の毛で特に悩まされるのが、やっぱり夏場だと思います!

夏場と言えば涼しいノースリーブやワンピースなどを着る事が多くなりますが、脇の毛のせいで気軽に着る事が出来ない事が何度もありました。

脇の下を見られたく無いという理由もありますが、綺麗に処理出来ていない状態も見られたく無くて、着たくても着れないという歯がゆい思いを何度も感じる羽目になってしまいましたね。

以前お友達に脇の毛の事を指摘されてとても恥ずかしい思いをした事もあったので、今年の夏はしっかりと綺麗に脱毛してワンピースなどを着たいなんて思っています!

脇の下のムダ毛に皆さんも悩まされた経験があると思いますが、脇の毛の処理って本当に大変ですよね!

痛みを感じやすい部分ですので剃刀等だとちょっと怖いですから、脇の下だけでも脱毛サロンを利用して見ようかな?と私も悩み始めています。

それだけ脇の毛の処理って大変なんです。

脇の毛はしっかり処理出来ていないとちょっと不衛生な印象を与えてしまう事もありますので、露出する事の多い夏場は特に丁寧に脱毛したいですね!

ベランダでゆらゆら揺れる洗濯物

はじめまして、みつきといいます。

洗濯物がお日様に照らされてゆらゆら揺れてるのを見ると、なんだかほっこりします。

あぁ~、今日も良いお天気だ♪

洗濯は、洗濯機が勝手にしてくれるんですけどね。

干すのはちょっと面倒ですけど、角型のピンチハンガーに左右のバランスよく干せた日なんかは、やったね♪と心の中で小さくガッツポーズしたりします。

それだけで幸せになれるのは、なんて安上がりなんだろうと思ったり、こういう小さな幸せを感じられるだけ平和なんだと思ったり。

洗濯物が乾くのも少し早くなってきて、ほのほのと温かくなった洗濯物を取り入れるのも嬉しいです。

ただ、お天気に誘われるようにウキウキしながら大量に洗濯した日なんかは、取り入れた洗濯物の山を見て、軽く溜息ついたりなんかしますけど。

好きなのは取りいれるまでで、洗濯物を畳むのが好きじゃないんです。

俺ぞれが勝手にする~っと自分で、クローゼットのハンガーやらタンスの引き出しやらに納まってくれればいいのに…なんて思ってしまいます。

洗ったら仕舞う。

ここまでがセットになっているってわかってはいるんですけどね。

それでも、明日の天気は~なんて天気予報を確認しながら、大物を洗おうかと思っている自分が笑えてきてしまいます。

まぁ、綺麗になるのは嬉し楽しってとこでしょうか。